FC2ブログ

記事一覧

立石孫一郎の碑@山口県光市

史跡小ブログのカテゴリが整理できていません…(汗)。さて、「立石孫一郎の碑」は山口県光市の千歳大橋のすぐ側にあります。恐らく誰も見向きもしません。しかも、説明版等がないので、それがなんの「碑」か解りません。「管理者、出て来いや~!」といった気持ちになります。立石孫一郎はそもそも倉敷藩の武士でした。長州藩の尊王攘夷という考えにのぼせて倉敷藩を脱藩をし、第二奇兵隊に参加をしました。そして、トップまで登...

続きを読む

末富家@山口県下関市

末富家案内板下関市竹崎の伊藤家で発足した奇兵隊は、その後、同市吉田に拠点を移し本格的に活動を始めました。その吉田で奇兵隊を援助したのが、末富家です。伊藤家も末富家も当然、金持ちです。突然、血気流行る若者集団が押し寄せて来ます。それを受け入れるとは…。携帯電話の高い料金が話題になっています。後参入のソフトバンク社の社長に失望です。当時の金持ちは本当の金持ちです。場所(Googleマップ)...

続きを読む

福原邸跡@山口県宇部市

表門案内板幕末の長州藩主は毛利親親(たかちか)です。そしてその下に、家老と呼ばれる国司信濃(くにししなの)、益田親施(ますだちかのぶ)、そして福原越後の三人がいました。いわゆる三家老です。毛利親親が山口県知事とすれば、三家老は福知事、総務部長、そして出納局長といったポジションでしょうか。書いていて違うような気がします。しかし、この三家老は禁門の変の責任を取って自害させられました。恐ろしい時代です。...

続きを読む

三原屋事件殉難者の墓@山口県山口市

鈴木八五郎、長谷川勇助、須原栄ら3人の墓案内板文久3年のこと。長州藩が関門海峡を通る外国船に砲撃をしました。尊王攘夷とは言え、無謀なことです。このことをとがめるために幕府は、中根市之丞ら幾人かを長州藩に派遣しました。一行は長州藩に到着をした後、小郡の三原屋に泊まりました。しかし、血の気の多い奇兵隊士は三原屋を襲撃しました。その時に殺された鈴木八五郎、長谷川勇助、須原栄ら3人の墓です。当時の長州藩は狂...

続きを読む

大村益次郎の墓@山口県山口市

大村益次郎の墓大村琴子の墓案内板「幕末に活躍人で誰が好きか…?」という質問を受けます。「ラーメンはどこが旨いか…?」と同じくらい難しい質問です。どちらも答えようがありません。しかし、山形有朋は嫌いですが、大村益次郎は好きです。身分社会の当時、医者のそれは低かったです。医者であった大村益次郎が長州藩に関わっていく姿は、矢沢永吉の「成り上がり」です。隣りには妻、琴子との墓もあります。理論や根拠に基ずいて...

続きを読む

長州奇兵隊の墓@福岡県北九州市小倉北区

長州奇兵隊の墓案内板北九州市小倉北区赤坂の関門海峡が見渡せる小高い山に、「長州奇兵隊の墓」があります。ここを訪れるのは3回目です。赤坂は四境戦争小倉口の激戦地のひとつでした。高杉晋作も結核を患いながら、幕府軍の小倉藩や熊本藩と戦いました。身分もお金もあるので、じっとして宴を楽しんでもよかったのでしょうが…。大した人です。お墓を訪れる人はほとんどいないのでしょう。榊(さかき)や花が供えられていませんで...

続きを読む

世外候養痍隠晦之處(せがいこうよういいんかいのところ)@山口県美祢市

史跡案内板案内板には「世外候養痍隠晦之處(せがいこうよういいんかいのところ)」とあります。何のことか分かりません。しかしその横に、「井上侯がきずをいやし姿をかくしたところ」と解説があります。史跡は美祢市立厚保小学校のグランドの端にあります。こんな表記では子供は分かりません。「井上馨という金まみれになった人が当時、山口で襲われ、何とか生き延びて休んだところ」、と書いた方が興味を持ちます。所幾太郎が井...

続きを読む

御堀耕助の墓@山口県防府市

御堀耕助の墓案内版グーグルマップの表示方法が分かりましたのでブログを始めます。御堀耕助(大田市之進)は、長州藩士、太田要蔵の長男として萩に生まれました。第二次長州征伐の際は御楯隊の総督として、大村益次郎の下、益田口で活躍しました。明治に入り、私の嫌いな山縣有朋らと共に欧州視察に行きましたが、病気のために帰国しました。その後、防府市三田尻で静養に努めましたが、享年31でこの世を去りました。防府護國神社...

続きを読む

プロフィール

ソニーファン

Author:ソニーファン
リンク先にある「竜馬が長州をゆく」の管理人をしています。
仕事柄、山口県内を東奔西走しています。
休日や祝日にはラーメンを求めて東奔西走しています。
明治維新から150年を迎えました。
改めて山口県内の史跡(せっかくなのでガイドブック等に載っていないマニアックなところ)を訪問し、ご紹介したいと思います。

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター